<希望の種のお話し会>テーマは「障害年金」について

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 13:03

希望の種のお話し会のご案内

9月のお話し会は、北九州障害年金サポートセンター所長、平井晋哉さんをお招きして、障害年金について詳しくお話しを聞きます。どんな人が、いつ受け取れるのか、気になっていてもなかなか情報が入ってこない、調べてみてもピンとこない、なんて思っていませんか?お話し会では、実際に診断書などを見せていただきながら、申請の流れを体験します。この機会にぜひご参加ください。

日時:9月24日(日)13:00〜15:00...

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

夏休み手づくりワークショップを楽しみました(◍´ᴗ`◍)

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 13:01

8月20日「夏休み手づくりワークショップ」を開催しました。子どもたちがこれまでに作った工作を展示しました。ご来場いただいた多くの方に見ていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

創作活動〜風鈴とうちわ〜

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 12:55

今日から8月!
昨日、子どもの城では風鈴とうちわを作りました。皆、夢中になって創作していました。

色鮮やかな風鈴が出来上がりました。

...もっと見る

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

第2回 夏休み手づくりワークショップ開催!

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 12:52

子どもの城ほんじょうの共催イベントです。デイの創作活動の中で、子ども達が作った作品の展示も行います。子どもの城ほんじょうのプレイルームが開催会場になります。どなたでもご来場頂けますので、ぜひお出かけください(=゚ω゚)ノ

自動代替テキストはありません。

地球アートを楽しんじゃおう!

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 12:46

7月15日、子どもの城ほんじょうのチョークを使ったイベント『地球アートを楽しんじゃおう!』が終了しました。

大きな丸が見えるでしょ!英語も読めますか?電車も走りました。どんどん描いて見る見るチョークがちびて来て、青なーい?赤なーい?って。Tシャツにプリントしたら素敵だろうなぁ〜っていうイラストや、スタッフにそっくりな絵もありました笑。

猛烈な夏の日差しの中、あついねーって言いながら、広い駐車場が子ども達の絵でいっぱいになりました。しっかり水分補給をして、冷たいおやつをみんなで食べました。ご参加くださった皆さま、お疲れ様でした!思いおもいに絵を描く子ども達の様子は、後ほどアップできると思います。お楽しみに!

自動代替テキストはありません。

子どもの城のスタッフ研修

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:34

7月11日、子どもの城のスタッフ研修をしました。

講師の宮村先生の記事をシェアさせていただきます。

 

放課後等デイサービスは、これから「質」が問われる時代になります。振り返って放課後等デイサービスの、管理者と児発管の配置とその要件は、ほんとよく考えられているなと思います。そして、ガイドライン。この内容もきちんと何を狙っているのかよく考えると実に真っ当で、児童発達支援の在り方を捉えていると思います。「療育」から「発達支援」へ。
この骨太で、大きな本流をきちんと、捕まえていかないとダメです。淘汰の波はそこに真摯に向き合えるか否かで、その事業所を大きく分けていくと思います。

今回、リクエストがあったお話は、大きく3つ。
⚫︎ 保護者にどう関わっていけばいいのか
⚫︎ こどもにどう関わっていけばいいのか
⚫︎ プログラムをどう作るのか

現場、現実、現物で。
それぞれの子や保護者に、個別に支援するように、
具体的に、どのような切り口で、
介助者から支援者に向かう提案を
行なうか。そして、
具体的なお子さんの行動に
どう対応したらいいのか、
そこに絡めて、アセスメントの重要性を。

アセスメントってなんの為にするのか
とってもシンプルに、分かりやすく。
難しい定義じゃないんですよ。

終わってから、そこで働く方が、
僕に向かって歩み寄りました。

「ありがとうございました。本当に、今日、
参加してよかったです。なるほどと、納得。
ホント 学ばせて頂きました。」

ガッツポーズを心の中で。
宿題も出しながら、次回、この事業所の、
組織力アップのワークショップを行います。
それがあってこそ、保護者へのアンケートを
実施できる土台になると思っています。

七夕の日

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:28

七夕の日(7月7日)を前に、子どもの城でも笹に飾りつけをしました。願いごとや名前を書いた短冊もいっぱい飾りました。キラキラに、心も華やぎます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

自動代替テキストはありません。

<希望の種のお話し会>テーマは「障害者の就労」について

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:27

6月の希望の種のお話し会が25日、KOTO Factory アトリエで開かれました。今回のテーマは「障害者の就労」、話し手は一般社団法人「ちぃのひろば」代表理事の小田原裕一さんです。小田原さんは、保険代理業のかたわら沖縄でのイルカセラピー、スペシャルオリンピックス、特別支援学校のPTA会長などの活動を通して、障害者の社会参加や就労拡大に奔走してきました。その根っこには、個性(障害)を持った娘さんを「残しても自分が安心して死ねるため」だと語ります。

活動の中で地場大手スーパーマーケットと関係ができ、現在、その企業の障害者雇用アドバイザー的な役割の中でご自分の夢「障害者が住む場所、働く場所、地域との交流の場所」の実現に向けて具体的な一歩を踏み出したところです。そうした体験を熱く語っていただきました。さらに「就労はその人にとってゴールではなく、長い人生のスタート。保護者は学校、企業、施設まかせにするのではなく、一体となって支援を続けていくことが必要です」と強調されました。

意見交換では「学校はすぐ就労を重視するが、子どものためにもっと多くの選択肢を示してほしい」「障害者手帳ひとつとってもメリット、デメリットは何なのか知りたいが、そういった情報がどこにあるのか分からない」などの意見が出ました。親にとって将来の子どもたちの自立を考えるとき、彼ら彼女らの就労はとても大切なことです。このテーマはこれからもみんなで考えていきたいですね。(西山)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

障がいのある人の履歴書りあん

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:24

6月23日は、子どもネット北九州さんが主催する、りあん連続講座〜第2回〜に参加してきました。

りあんとは、障がいのある人の履歴書のようなものです。
出生時の情報から、出来ること、苦手なこと、病歴など、就学、就労と移行支援を受ける時、当事者が必要に応じて支援者に情報を提供します。

講座では、学校と放課後等デイサービスが互いに情報を共有する為の問題点を話し合ったり、子どもが安心して過ごすための支援ツールの統一など、実際に現場で使用されているカードを見ながらの分かりやすいお話がありました。どのような支援の構築にも、当事者と家族を忘れてはいけないと感じました。

子どもネット北九州さんは、子ども達の成長や未来に途切れのない支援を目指し毎月研修会を開催されています。保護者の方の参加も出来ますので、興味のある方は下をポチッとお願いします。(西山)

子どもネット北九州 →
https://www.facebook.com/子どもネット北九州-1075668995899688/

自動代替テキストはありません。

時の記念日

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 16:30

時の記念日(6月10日)にちなんで1日の生活を見直すため、子どもたちが1日の過ごし方を円グラフに描いてみました。起きる時間、学校の時間、寝る時間、ちゃんと書けたかな〜。

自動代替テキストはありません。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM