子どもの城のスタッフ研修

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:34

7月11日、子どもの城のスタッフ研修をしました。

講師の宮村先生の記事をシェアさせていただきます。

 

放課後等デイサービスは、これから「質」が問われる時代になります。振り返って放課後等デイサービスの、管理者と児発管の配置とその要件は、ほんとよく考えられているなと思います。そして、ガイドライン。この内容もきちんと何を狙っているのかよく考えると実に真っ当で、児童発達支援の在り方を捉えていると思います。「療育」から「発達支援」へ。
この骨太で、大きな本流をきちんと、捕まえていかないとダメです。淘汰の波はそこに真摯に向き合えるか否かで、その事業所を大きく分けていくと思います。

今回、リクエストがあったお話は、大きく3つ。
⚫︎ 保護者にどう関わっていけばいいのか
⚫︎ こどもにどう関わっていけばいいのか
⚫︎ プログラムをどう作るのか

現場、現実、現物で。
それぞれの子や保護者に、個別に支援するように、
具体的に、どのような切り口で、
介助者から支援者に向かう提案を
行なうか。そして、
具体的なお子さんの行動に
どう対応したらいいのか、
そこに絡めて、アセスメントの重要性を。

アセスメントってなんの為にするのか
とってもシンプルに、分かりやすく。
難しい定義じゃないんですよ。

終わってから、そこで働く方が、
僕に向かって歩み寄りました。

「ありがとうございました。本当に、今日、
参加してよかったです。なるほどと、納得。
ホント 学ばせて頂きました。」

ガッツポーズを心の中で。
宿題も出しながら、次回、この事業所の、
組織力アップのワークショップを行います。
それがあってこそ、保護者へのアンケートを
実施できる土台になると思っています。

スポンサーサイト

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 10:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM